HOME > ZEH > 「ZEH補助金」これからどうなる?!

「ZEH補助金」これからどうなる?!

期間が終わってしまうと思っていたZEHの補助金制度が継続されました!
前回との内容の違いなどから、もういちどZEH補助金について考えてみましょう

 

ZEH補助内容【おさらい】

 

ネット・ゼロ・エネルギ一・ハウス支援事業の補助金の最終六次募集が9月2日で締め切られました。
平成28年度のZEHの補助はもう終わりかと思っていましたが、政府は平成28年(2016)度の第2次補正予算を決定し、本年度は継続してZEHの補助金が出ることに決まりました。
補正予算でZEHの補助金が決まっても、平成28年度中にZEHの補助金事業が継続して行われます。
(つまり、今年度は9月から3月末まで延長したということ。
 継続するとしても、平成29年4月以降じゃないの~?という声もあったようですが・・)
 
それだけZEH事業は認知や需要が高まってきたということかもしれないね!

 

具体的な内容と変更点


 
今回もZEHビルダーが設計・建築するZEHのみが補助対象になります。
気軽に相談できるような信頼できるZEHビルダーが身近にいると安心ですね!
 
また、昨年度までは蓄電池を設置するだけで補助金が出ていましたが、今年度の補助金はZEHの補助金に上乗せされます。
蓄電池を設置すると、
・電気代が安い夜間に蓄電し昼間に使って電気代をおさえる
・万が一の災害時(停電時)に、電気を使用できる
という嬉しいメリットがあります。
蓄電池は本体価格が高いですが、補助金の上乗せ(5万円/kw)が追加されたので、検討してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

まとめ


 
平成29年3月まで補助金の制度が延長され、チャンスが広がったのは間違いありません!
補助金などの制度のおかげでZEHがより身近なものになってきましたね。
よりZEHを普及するために、この流れのまま来年度も補助金の継続を期待できるかも!!

 

補助金や住まいのお金について不安なことは、プロに相談してみるのもいいかも。
 
「わたしスタイル」でも最新情報をどんどんお伝えしていきます。
ぜひ、ひきつづきチェックしてみてね!