HOME > お金 > 人生最大の買い物は「家」じゃない!?

人生最大の買い物は「家」じゃない!?

2015.10.30

普段、私たちが生活している中でどうしても必要になる「お金」。特に大きなお金が必要になる支出をお金の世界では『人生の三大支出』と言っています。その中でも「家」は人生で一番高い買い物だと言われていますが、実はもっと高い買い物があるのを知っていましたか?
 

人生最大の買い物は「家」じゃなかった!

「●●●●●」こそが、人生最大の買い物と知るべし!

一般的に家を建てるのは一生に一度と言われていますから、「家」が人生最大の買い物と思われても不思議ではありません。でも実際は、「家」よりも、もっと高い買い物があるのです。

人生最大の買い物、それは・・・「住宅ローン」なのです。

マイホームを建てる際には、ほとんどの方が「住宅ローン」を組みます。当たり前ですが、お金を借りたら利子がつくので、「家」が2,000万円だとすると、住宅ローンは当然「家」よりも高い金額になります。マイホームを考えはじめる時には、「家」が最大の買い物だと思っているので、多くの方が、建築費用にはとても関心がありますが、住宅ローンについてはあまり関心がありません。実際に、同じ時期に2,000万円の家を買っても、最終の支払いが3,000万円の方もいれば、4,000万円、5,000万円支払ってもローンが終わらない方もいらっしゃいます。ですから、いくら建築費用を安く抑えられても間違った住宅ローンを組んでしまうと大変なことになります。
 


選択肢も豊富な「住宅ローン」、何を選べばいいの?

金融商品の多様化によって、借りる側にとっては選択肢が増えたとも言えますが、その反面、本当に自分にあった最適な住宅ローンを選ぶのは簡単なことではありません。借り入れの際にしっかりと比較検討していても、数十年後のゴールに無事に行き着くためには、将来の世帯収入の変化や、景気の浮沈に合わせて、家計の見直しなどが必要不可欠です。金利タイプには固定と変動があり、その時の水準と将来的な見通しの違いで、どちらが良いかは一概には言えませんが、安心を選ぶなら固定金利型というのが一般的です。しかし現在は、しばらくこの低金利の水準が続くという見通しのもと、変動タイプの商品にも人気が集まっています。マイホームの本当の価格は、建物の価格や諸費用だけではなく、どのような内容で、どのタイミングで、どのような住宅ローンを組むかによって大きく変わってきます。マイホームを考える際には、ほとんどの人が建築費用(予算)を気にされますが、それ以上にどの住宅ローンを選ぶかがとても大切で、選択次第では今後の生活に大きく影響します。何が起きるか分からない人生。家づくりは、正しい資金計画からスタートしましょう!