北欧家具の歴史

環境と由来

北欧には夏が短く冬が長い上に、日照時間が短いという特徴があります。
さらに、冬場には雪に閉ざされるなど厳しい自然環境となるのです。
このような環境の中で「室内でいかに豊かで居心地の良い生活を送るか」という考えが、北欧デザインの根源となったのです。


伝統

また、他国では量産型のプロダクトデザインが盛んにおこなわれている中で伝統である「高い技術をもつ職人による機能的かつ自然素材を大切にする物造り」を大切にしてきました。 それはヨーロッパの辺境とみなされ資源が少ないとされながらも、身の周りにある豊富な自然素材を生活の一部として積極的に取り込もうという自然共存の姿勢や知恵からなる 考え方でした。



造形

こうした環境や伝統的な背景をふまえて生まれた北欧デザインは、クラフト感豊かで温かさをもつ自然美が際立った独自のデザインとなりました。

機能と美しさを兼ね備えシンプルで飽きのこない北欧家具を一度身近に触れてみてはいかがでしょうか。