HOME > インテリア > 家具のストーリー > 「手仕事」の味わいを暮らしにプラス

「手仕事」の味わいを暮らしにプラス

2016年のインテリアトレンドのひとつは「手仕事」です。
これは、家具職人さんや雑貨職人さんなどのプロが、時間と手間をかけて作った手作りのものだったり、国や地域の伝統工芸として手づくりで作られているもの、そして自分で好きなようにハンドメイドしたものなど、様々な捉え方ができます。
 

有名なデザイナーさんが作ったようなデザイン性が高い一点ものの家具はどうしても高価だったりするので、同じデザイナーさんのものでインテリアをそろえるにはなかなか勇気(とお金)がいります。

そこで、何か一つ、例えば本当にお気に入りのデザイナーの椅子を1脚、インテリアのポイントとしてコーディネートしてみてはいかがでしょうか。
お部屋の主役になりますし、長い期間大切に使うことができます。

 

ラグやテキスタイルに、最近レザーのリメイクモノやパッチワークデザインのものを多く見かけるようになりましたね。

商品の説明を見ると「手づくりのため1点1点色や風合いが異なりますのでご了承ください」と書いてあります。
つまり、モノとしては販売されているけれど、これは世界にひとつしかないデザインなんだと思うと、愛着がわきますね。

 

日本は島国ながら地域によって気候や特産が異なることから、様々な地域で伝統的な織物や焼き物や工芸品があります。今でも手づくりにこだわって、地元の素材を大切にして作られているので、ひとつひとつに違った魅力を感じられるのでしょう。
これも「手仕事」ならではの大きな魅力です。地域の特産品を持っていると、旅行の思い出や訪れた場所の風景がふっとよみがえってきます。

 

そしてハンドメイド。

以前、「景気が悪くなるとハンドメイドが流行する」という内容の記事を書きましたが、景気の良し悪し関係なく、日本ではハンドメイドDIYがどんどん普及しています。現状復帰しなくて良いという賃貸が増えていますし、国の政策でも長寿命住宅や三世代同居というキーワードがありますね。

 

例えば、欧米の国(特にいなか)では、1つの家を何世代にも渡り何十年もの間住み続け、自分たちでペンキを塗ったり修繕するのが当たり前に染み付いています。

そうして修繕するなど手を加えることで、「住むところ」である家が「暮らしを楽しむ場所」になることを小さなころから身について知っているのです。


 
戦後の日本はスクラップ&ビルドで、住む人が変われば新築を建てるというひとつの流れが定着してしまいました。
 

 

「手仕事」を加えるだけで暮らしの楽しみ方が変わっていくことが少しずつ広まってきています。高度経済成長以降の日本は大量生産大量消費の時代でしたが、徐々に「手仕事」の大切さに注目が集まっています。

最近DIYブロガーさんに会う機会があり、いろいろお話を聞いたところ「思いつき」「失敗してもいい」「とにかく自分好みに」といろいろヒントになるキーワードをいただきました。

刺激されて、ヘアクリップをハンドメイドしましたよ!自分好みにアレンジすることで、本当に愛着がわきます。

 

「手仕事」を感じられる一品を大切にしたり、地域の伝統工芸品の味わいを感じたり、今あるものに自分なりに「手仕事」を加えたりすることで、もっとくらしを楽しもうという気持ちが生まれます。
「手仕事」を感じられるインテリアアイテムは今後どんどん増えていくので、ぜひチェックしてみてくださいね。そしてそれらをハンドメイドやDIYのヒントにしてみては。