HOME > インテリア > 家具のストーリー > ブルックリンスタイルで秋色に衣替え

ブルックリンスタイルで秋色に衣替え

投稿サイトや雑誌でよく見る「ブルックリンスタイル」。言葉のとおりブルックリンをイメージしたインテリアです。

 
ブルックリンはニューヨークにある地区で、倉庫古いアパートメントが並びアーティストやデザイナーが好んで暮らすおしゃれな街です。
インテリアショップに住宅街、緑あふれる公園もあるということで、日本で言うと吉祥寺をイメージするとわかりやすいのでは。

 

インテリア投稿サイトやアプリでも大注目ブルックリンスタイルヴィンテージの雰囲気を味わえて、ちょっとジャンクでかっこいいアイテムに囲まれた生活は、なんだかドラマの主人公になれそうですね。

秋はこのスタイルで大人カッコイイお部屋にしてみませんか。

 

このブルックリンスタイルは、男前インテリアの元になったと言われています。

れんがやレザー、パイプ、アイアン、バスロールサインなどブルックリンスタイルとして男性に好まれているジャンクなアイテムを、インテリアにこだわる女性が上手に取り入れて男前な雰囲気に仕上げたのが「男前インテリア」と言われるようになったようです。(諸説あります)

 

ブルックリンスタイルのベースはい色合いのれんが

古びた倉庫のような印象で、大人の隠れ家秘密基地のようなしぶいかっこよさがありますね。
 
ブルックリンスタイルに取り入れたいポイントをいくつかご紹介します。
 

流木エアプランツなど自然を感じられるインテリアアイテムが多いのがポイントです。ベースのれんがや古木とも相性がいい色合いなので、組み合わせてどんどん無造作に並べたり吊るしたりしちゃいましょう。
 

古材ブリキ缶を使ったレトロな雑が目をひきます。DIYでペイント&錆び加工をして、植物と組合せるとかっこいいです。簡単な加工で一気にヴィンテージ風アイテムに変身します。
 

インダストリアル(工業的)なデザインの家具が、古い倉庫のような印象を与えてくれます。

古材やアイアンそのままの素材感とデザインが、無骨さを演出します。

 

古いれんがの色・レザーのソファやクッション・古材など、ブルックリンスタイルはブラウンの面積が多めです。さらにスチールの家具の黒やブリキやヴィンテージ加工の雑貨の色も加えるとかなりシックで、全体的に秋らしい色合いになります。
 

普段は季節ごとにファブリックで色味を変えるだけという方も、この秋は今大注目のインテリアスタイル「ブルックリンスタイル」をたくさん取り入れて、秋色に衣替えしてみませんか。