HOME > インテリア > 家具のストーリー > 男前に負けない「女前インテリア」の魅力

男前に負けない「女前インテリア」の魅力

わたしスタイル.comで何度もご紹介している「男前インテリア」

もうどんなテイストかばっちりご存知ですよね。
 
RoomClipから「男前」「女前」の2本柱で実例紹介されているこんな本が出版されました。

 

実は、第一弾ではエースホーム和歌山店の展示場が実例として紹介されました。

レザーのソファ、ブラックアイアンやスチールの家具や階段手摺、シックで大人っぽくちょっと無骨な、まさに「男前インテリア」に仕上がった展示場です。


家具や小物雑貨を配置することで、実際の生活のイメージがつかみやすいですし、自分だったらこうしたいな~という憧れのインテリアイメージも描きやすいですね。

 

もう片方の「女前」、なんだか聞きなれないワードです。

女性がときめくかわいらしさや優しさのあるガーリーなインテリアといえば、有名なところで言うとFra○c・・・ですね。
白やパステルで上品な色合い、エレガントで女性らしい花柄をふんだんに使用、ハートなど柔らかい曲線のデザインなどなど、かわいくて上品で女性らしいというコンセプトのインテリアショップです。
女性らしさはしっかりおさえてつつ、かわいさの中にかっこよさを兼ね備えた、そんなインテリアスタイルが「女前インテリア」です。

 

 
※解釈は人それぞれのようで、上品で女性らしいインテリアを言う場合もあり、ちょっとかっこいいをプラスしたものを言う場合もあるようです。

つまりインテリアにルールはいらない、自由に楽しみましょ!ということですネ。

 


 
 

ここで、ちょっとかっこいいをプラスした女前インテリアのポイントを少し紹介します。

 
上品でガーリーなインテリアをベースとして、外しポイントとして男前インテリアなどに使われる特徴的な素材のアイテムをミックスします。

 

アイアンの家具に、ホワイトやパステルのエイジング塗装。DIYとしてペイントを楽しむこともできます。

可愛らしさの中に、ちょっと無骨なかっこよさがミックスされた印象になりました。

 

アンティーク風のアイテムとの相性がよく、ほどよい甘さに仕上がります。

ちょっとした装飾があると、シックな雰囲気と女性らしさのバランスがちょうどいいですね。

 

ガーリーのような甘々な感じは苦手だけど、清潔感のある女性らしさをベースにして、ちょっと遊びを入れたいという方におすすめです。

らのあるホワイトペイントだけでなく、スモーキーカラーパステルカラーをアソートカラーにするとちょっとシックな印象になります。
アクセントにブリキアイテムやつやのないブラックをプラスするとかっこよく引き締まります。

 

いろいろアレンジして、自分らしい「女前インテリア」スタイルを目指してみてはいかがでしょうか。
女前インテリアにぜひ注目を!