HOME > 住まい > あなたなら何したい?お家の“ちいさな”隠れ家

あなたなら何したい?お家の“ちいさな”隠れ家

2015.12.14

 
最近、女子の間でじわじわと「小屋」が注目されています。「いつもと違う空間で、自分の好きなものに囲まれ好きなことができる」そんな暮らしを愉しんでいるようです。また、現在では自分で作れる「小屋キット」があるんだとか!そうは言っても数十万円から100万円を超える物まで…。それならマイホームを購入する前に「おうちの中の”ちいさな”隠れ家的空間」について考えてみませんか?
 

小屋って…?

小屋は、「雨や日差しを遮る屋根」と、この屋根を支える柱ないしその柱を代用する壁などで構成されます。簡易的な住居としてや、単に荷物を保管しておくための倉庫(物置)のほか、天候が崩れた場合の避難場所としての山小屋などがあります。このほか、ペットを飼う場所も、一般的に「鳥小屋」や「犬小屋」などと呼ばれています。

 
また丸太を積上げた壁によって構成され,それに窓や扉をつけた単純な建物を丸太小屋といい、なじみのある言葉でいうとログハウス。夏は涼しく、冬はあったかい。地震に強く、可燃性が実は低い。しかも防音効果や音響効果があります。
 

平屋の小屋裏で自分だけの隠れ家的空間♪

書斎

家づくりで間取りを考え始めるとパパの書斎は難しい…。となることも多いのだとか。そんな時は小屋裏の収納空間を「書斎」として使ってみませんか?
仕事のことを忘れて、ゆっくりと自分だけの空間で時間を過ごしたり、趣味に没頭してみてはいかがでしょうか。
 

子ども部屋

お子さまが少し大きくなってきたら子ども部屋が欲しくなります。でも、まだ小さいうちは、子ども部屋を収納に活用できると有効的。将来を見据えた空間利用を考えてみるといいかもしれません。
 

各写真はイメージです。

自分だけの空間演出の参考にしてはいかがでしょうか
インテリアを”もっと”知る

最後に

平屋では収納がある程度限られており、小屋裏収納は有効なスペースです。しかし収納の目的のほかに、書斎や子ども部屋であったり好きなインテリアや趣味の写真に囲まれた「自分だけの空間」やに子どものころに憧れた秘密基地のようなワクワク感のある自分だけの楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。