HOME > 住まい > 平屋のあれこれ

平屋のあれこれ

2015.10.01

平屋って?と考えると「1階建て」「古民家」と考える人も多いと思います。でも外観だけではなく、ほかにも平屋ならではの特徴と良さがあるんです!そこで今回は、平屋でしかできないことと平屋の良さを紹介します。若い子育て世代の方に”平屋”が注目されている理由が何となく分かるのではないでしょうか。


 
 

平屋とは?

平屋は階数によって建物を分けるときに1階建てとも呼ばれます。建物の構造としては最も単純なものであり、古くから幅広い用途に用いられてきました。2階建て以上の建物と比較すると、階段がなく動線が1階のみで構成されるため各部屋の間取りを等の計画をすることができる特徴を持っています。
 

家族がより近くに感じられる。平屋って意外と子育て向き

エースホームが提案する平屋

部屋と部屋の垣根がないから子どもに目が届きやすく、家族をいつも身近に感じられる。リビングを中心とした間取りなら笑顔と会話が家中に広がっていく。だから平屋は意外と子育て向きなんです。
 

平屋の良さ

家族のコミュニケーション

リビングが中心の間取りは外出も帰ってきたときも必ず通るから『どこいくの?」『おかえり!」と声を掛け合えて自然と家族とふれあえます。
平屋を建てる方は家族のふれあいを大切にしている方が多いのではないでしょうか。
これって平屋ならではですよね♪
 

家事ラク動線

全ての機能が同一フロアに集約されているメリットは大きいんです。たとえば洗濯物を洗って干すのも、リビングからすぐテラスへ出れるし、掃除機を持って階段を上り下りしなくてもいいのです。
水回りをまとめて、料理や小さなお子様の入浴もスムーズ!だから毎日の洗濯・掃除も楽ちん!
空いた時間はリビングに隣接した和室でごろんと横になってほっと一休み♪
 

収納

延べ床面積が狭い分、収納が少ないと思う方も多いのではないでしょうか。
でも、工夫次第では土間収納、小屋裏収納などを設けられて意外と収納があるんですよ!例えば玄関に土間収納を設ければスペースを取るベビーカー、お外で遊ぶこどっものおもちゃなど泥汚れが気になるものでも収納できる!また小屋裏空間を設ければ収納だけではなく、書斎として活用できます。
 

最後に

マイホームを考えている方の中には、「平屋ならもう知っているよ」という方もいらっしゃると思います。でも、今回紹介した”家事ラク動線”。仕事や家事が大変なママもたまにはサボりたくなります。でもこれだったら「ラクに家事ができるかも」と思いませんか?
そして何より、平屋は「リビング中心」。家事の手間が省けないと、家族とのコミュニケーションもおろそかになってしまいます。ぱっと家事を片付けて、空いた時間で家族とふれあえる。そしてしっかり収納もできる平屋ってとっても奥深いですよね!